June 14, 2024

墓参り


YouTubeせきぐちゆきチャンネル
今週は新曲「ふたりぼっち」MVを投稿致しました。
お気に入り頂けたら大変嬉しゅうございます。

曲中に「墓」というワードが出て参りますが、わたくしは「墓場」が好きで、見かけるとつい立ち止まったり目で追ったりしてしまいます。
不謹慎と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、どうしても惹かれるのです。
そこで呆っと眺めては考えに耽り、場所によっては1時間でも2時間でも居たいと思ってしまいます。(他人様に不信感や不快感を抱かせたりしないよう節度ある行動を致します)
ご先祖様の墓には週に数回行きます。近いので散歩がてら。
自分はその墓に入るのかとか、後のことは分かりませんが、多くの見知らぬ人々の汗や涙の染みた大地で私は生きているんだなぁと、不思議な気持ちになります。

いずれおさらばするこの身体と、おさらばするのか引き継ぐのかよく分からんこの心、
もっと大事にしてね、と言い聞かせる。
気付かないものだから。
何気ない幸福な状態が当たり前になってしまうのは防衛本能とも関わっているのではとも思ったりしますが、それでも、物事は永遠ではないし環境は突然に変わる事があるというのは学んでいるはずだから、大切な人との時間をもっと意識しよう、それには自分自身も大事にしようと墓場はそんな事も教えてくれるのです。
ただ、この墓石の下に、あのひとは、あのこは、眠っていないとも思うのです。
思うだけです。
私には分からないことだらけだから。
信じる、信じないとは、また別の話として。


あまり長い文章を書かないように心がけているのですが、ごめんなさい、長くなったようです。



だいすきなあなた様


ご自愛下さい。


ゆき



2024-06-02-18-06-53-643

チケットのご予約・詳細はせきぐちゆきオフィシャルサイトをご覧ください

bukurox at 09:26│Comments(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 博志   June 15, 2024 23:58
ご先祖様の墓に何年も行っていません
我が家のお墓は芝墓地です掃除が楽でいいです
2. Posted by せきぐちゆきです。   June 17, 2024 09:16
博志さん>
近年はお墓の種類や向き合い方も様々ですものね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories