October 28, 2022

登山日記〜中倉山・孤高のブナ〜


【せきぐちゆき 3日早いバースデー・ライブ】
◼️2022年11月27日(日)
◼️会場:江古田マーキー(東京都練馬区) 
http://www.marquee-e.jp/
◼️詳細・チケットのご予約はこちらをご覧下さい
https://yukisekiguchi.com/live.html

【せきぐちゆきライブ(仮)】
◼️2022年12月24日(土)
◼️会場:Cafe ink Blue(栃木県宇都宮市)
→ https://www.cafe-inkblue.com/
開演14:30 開演15:00
チケットに関する詳細は後日発表致します。
ご予約は受け付けております。
■チケットご予約
・Cafe ink Blue (028-688-8501)
・せきぐちゆきoffice
(info@yukisekiguchi.com)
ライブ日付、会場名、お名前、チケット枚数をご記入の上送信して下さい。

【せきぐちゆきイベント出演】
宇都宮餃子祭り2022 ステージイベント
◼️会場:宇都宮城址公園
◼️11月5日(土)11:00〜 せきぐちゆきライブ
◼️観覧無料
---------


愛すべき皆様、ご機嫌いかがですか。
由紀帳の更新、少し間が空いてしまいましたがわたくしは変わらず元気です。

さて、昨夜も時間ギリギリのゆきチャン更新となりましたが、あなた様にはご覧頂けましたかしら。

YouTube せきぐちゆきチャンネル


そうです、ついに、日光は足尾・中倉山の“孤高のブナ”に逢うことが出来たのです。

まさかこうして“登山”を経験するなんて。
一年前の自分は想像も致しませんでした。

むしろアウトドア全般、特に「登山」はわたくしの人生とは無縁のものだと思っておりました。


遡るは明治の頃。
日本一の銅山として国の経済や繁栄を支えた足尾の山ですが、銅の精錬過程で生ずる亜硫酸ガス等により周辺の山々は禿げ山と化しました。

仲間の木々が次々と消失して行く中、一本だけそこに枯れずに残ったのが中倉山の山頂付近に立つブナの木だと言われています。

厳しい環境を生き抜いたその姿からいつしか「孤高のブナ」と呼ばれ、多くの方がブナに逢うため中倉山を訪れるそうです。

“孤高のブナ”のことは「足尾に緑を育てる会」メンバー様から聞いて、以前からその存在は知っておりました。

RADIO BERRY「せきぐちゆきの苺通り十文字」でリスナー様からキーワードを頂戴して「孤高のブナ」という曲を作ってから、いつか逢いに行きたいとの思いが募り、様々なご縁を経て今年の夏に初めて那須にて登山に挑戦。

そして先週日曜、目標だった中倉山へ赴き、ついにその姿を仰ぐことが出来ました。

当日はお天気にも恵まれ、佐藤“BIGEAR”望さんと、望さんのお仲間の皆様と総勢10人での登山。
前回那須でご同行頂きました山岳救助隊の増渕さんもいらして下さり、皆様それぞれ山に精通している方ばかりでしたのでそれはそれは心強かったです。

早速に、ブナ様とわたくしのツーショットをご覧下さい。


20221025_094504

1666659639097-01

BeautyPlus_20221025101409642_save-01


中倉山登頂。心やさしく頼れるご同行メンバー様たち。
1666659961805

20221025_095331


1666660249879

1666659465468

1666659498009

1666659471754

1666659837533

1666659562307

1666659857508
佐藤望さんには本当にお世話になりました。
今回のプチドキュメンタリーも、望さんがカメラを回してくれ、あの渋い声で実況してくれたお陰で、愛すべき皆様に山でのせきぐちをお見せすることが出来ました。

1666660062326

1666660198817

足尾の山は溜め息出るほどの美しき秋の装い。

多くの写真はご同行メンバー様のカメラで撮られたものです。快く使用を許可して頂き、有難い思いです✨

1666660002654

1666659927953

1666659938087

1666659565251

1666659647709
頂上付近でカップラーメン&バーナーで焼いたソーセージを頂きました♪
食後にはコーヒーも!山で味わうこれらは格別♪
すべて望さんが用意して下さいました😆

1666659869243

1666659883699

1666659906131
ブナに「孤高のブナ」をアカペラで捧げるの図。


1666660191147



楽しみながら苦しみながらルートを進み、ようやくブナを目にした時には色々な想いが涙となって溢れ出てしまいました。
山のてっぺんでいい大人がなに泣いてるん。笑

改めて、わたくしをここへ導いて下さったリスナー様、ご同行下さったメンバー様、足尾に緑を育てる会の皆様、いつも支えて応援して下さる皆様、そして愛すべき皆様に心から感謝を申し上げます。

長文となりましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

今回の動画は、文字入れもスマホアプリでなく初めてPCでやってみました。
少しずつ少しずつお勉強😆

次に目指すは男体山⛰️

あなた様、ご自愛下さい。

ゆき⛄

終止符/せきぐちゆき


心が折れちゃう/せきぐちゆき


YouTubeせきぐちゆきチャンネル
毎週木曜日更新



bukurox at 13:53│Comments(10)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by アンダードッグ   October 28, 2022 16:34
5 大人こそ心が動いたときには泣くべきだと思います

年齢を重ねると新しい挑戦には念入りな準備や人の助けが欠かせませんが
だからこそ挑戦し登頂したゆきさんは素晴らしい!
2. Posted by ミスターT   October 28, 2022 17:58
Hello! 山girl(古っ…)👍
すっかりアクティブゆき、かっちょえ〜!
バックパックの中に…ダシワリは……
ありませんでした〜っ☺️
3. Posted by こめっと   October 28, 2022 20:04
YouTuberにも足跡残しましたが、今回の孤高のブナとのご対面おめでとうございます。
こちらももらい泣きしました。ゆきさんよりも年上の(どうでも)いい大人が・・・。
思うのですが、もしリスナー様からリクエストがなかったら果たしてどうだったのだろうかと?これはきっとそのリスナー様とゆきさんが奇跡の出逢いがあったときから、孤高のブナに巡り逢う運命だったんじゃないかと?
自分はそう信じたい。
4. Posted by ロップイヤー   October 29, 2022 22:51
5 登山おかえりなさい。すごくジーンとくるゆきチャンでしたね。素のゆきさんの語りも新鮮でした。
これまでも、名所や学校やキーワードにまつわる場所へお出かけになっていましたが、ここまでくると、ロープで降りる洞窟や崖づたいのほこらまでも行ってしまいそうです。
それでも今回はキーワードや曲に対するイメージの深さや、乗り越えようとするバイタリティを強く感じました。
PCとスマホではできあがりが違うんですか?
すごい仕上がりです♪
5. Posted by 博志   October 30, 2022 21:28
「孤高のブナ」を目にされたゆきさんの感激と感動が歌と共に伝わってきます。
6. Posted by せきぐちゆきです。   October 31, 2022 08:21
>>アンダードッグさん
ありがとうございます✨
「年齢を重ねると新しい挑戦には念入りな準備や人の助けが欠かせません」、その通りだなぁと感じます。多くの方にご協力頂いたように、わたくしも気持ちよく自分の持つ力を貸せる人間になりたいです。
7. Posted by せきぐちゆきです。   October 31, 2022 08:23
>>ミスターT
ダシワリは……下山のあとのご褒美ですね😆👍️🍶🎶
8. Posted by せきぐちゆきです。   October 31, 2022 08:24
>>こめっとさん
ありがとうございます✨運命ですよね。そして、ここからまた新たに、共に月日を重ねて行けたらと願うのでございます✨
9. Posted by せきぐちゆきです。   October 31, 2022 08:28
>>ロップイヤーさん
ただいまです✨洞窟とかいいなぁ。PCのソフトで動画を抽出致しますと、スマホのアプリよりも画質が良くなるとか良くならないとか。(まだまだ知識が不十分😂)スマホアプリの方が慣れているので手軽に出来ますが、画面が小さいのでその点はPCの方が楽ですね〜🖥️📱
10. Posted by せきぐちゆきです。   October 31, 2022 08:31
>>博志さん
ブナの凛とした美しさや足尾の景色、旅の雰囲気を少しでも味わって頂ければ嬉しいです✨

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories