February 28, 2021

わりと人生を気に入っている話


20210227_135104

庭で一輪、ビオラが風に震えていました。
乾いた土の上にポツンと咲いているのに、儚げとか寂しげとかいうよりも逞しげに見えたのは、そうありたいと思う自分の心境を映しているのでしょうか。
そうあれないからこそ。
近付くと、不思議の国の女王様みたいで可愛らしかった。
20210228_112423

 
ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」に登場するのは、あれはビオラだったかしら、パンジーだったかしら。
花たちが音楽でアリスを歓迎し、もてなす場面は特に好き。
散々もてなしておいて、途中から「(アリスに対して)あなたもしかして雑草?最悪!ここから出て行け!」みたいな手の平返しが始まるのは、昨日の由紀帳での話「実のところは分からない」に通ずるものがありますね。
華やかであればあるほど、キラキラと眩しければ眩しいほど、「暗」の部分はより濃くて強烈なのかもしれません。
 
そういえば、幼稚園の頃に参加したお遊戯会の演目も「不思議の国のアリス」でした。
私が与えられた役は、まさに件のシーンに登場する指揮役の「赤いバラ」。
 本当は蝶々がやりたくて、でもジャンケンで負けちゃって、なら「白バラ」の役をと思ったけれど、もう一人の役の決まっていない子も白バラをやりたそうにしていて、しかもその子と私どちらが「白バラ的か」と言えば断然可憐で愛らしいその子の方で、こりゃ私は「白」じゃないなと、自ら「赤」を選んだのでございます。
身をひいたと言えばカッコいいけれど、ある意味で、華やかな世界での競争に早々に破れた(笑)。

お遊戯会のステージで、赤バラにはソロで歌うシーンがございました。
今も「赤」と「花」と「歌」が好きなのは、人生初のステージで赤バラを演じたせいかもしれません。
光の部分、闇の部分、上手く行くとき行かないときと当然ございますが、わりと気に入っています、この人生。
ご自愛下さい。
20210228_211943

 
 ゆき☃️

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 


bukurox at 15:15│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories