December 13, 2013

カステラの耳に学ぶ。


千干支ちゃんから、「カステラの耳」なる逸品を頂きました。

散々呑み食いして、ゴマアイスやカフェモカなど甘いものも容赦なく胃に詰め込んだあとなのに、
深夜帰宅後、たまらず「耳」の袋を開封……。
美味、美味、美味!

「端っこ部分」には美味しさがギュッと詰まってるんですって。

普段は切り捨てられたり、人目に触れない部分こそが、物事や人をつくる上で非常に重要であり、本質を支えているのだろうと考えさせられます。

BlogPaint


ゆき

bukurox at 13:21│Comments(10)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なおっ   December 13, 2013 15:29
こんにちは。
カステラの耳も美味しいですが、いろいろな「耳」って美味しいですよね。
厚焼き玉子の耳、ハムの耳、焼豚の耳バゲットの耳などなどで味が濃かったりして大好きです。

2. Posted by 銀龍   December 13, 2013 23:35
パンの耳を油で揚げて、砂糖をまぶした物の頃に食べました。

カステラって言えば、長崎ですかね〜

長崎は20年以上行ってません。

さだまさしさんの故郷。妹の佐田玲子さんもシンガーソングライターですね。デビュー曲「くらやみ乙女」でした。

話が逸れました。


寝る前に食べ物の事を書くと、お腹が空いてきました。

ゆきさんには、今年もう一回、そして正月三が日後の1/4に会えそうな予感がします。
3. Posted by あかべぇ   December 14, 2013 13:32
カステラの耳♪

パン耳 好き( ´艸`)♪

味と良い焼きが染み込んでまふ。
4. Posted by 敦子   December 14, 2013 22:18
5 カスティラボーイ素敵です♪
5. Posted by あっくん   December 15, 2013 08:03
こんにちは。
元気にお過ごしでしょうか?

ぱっとしない自分ですが、“耳”のような存在になれれば...と思いますね!
6. Posted by 博志   December 15, 2013 12:57
カスティラボーイといえばさださん

 さだまさしさん原作「かすていら 僕と親父の一番長い日」は良かったです
7. Posted by 国分寺駅6番線   December 17, 2013 00:21
パンの耳を油で揚げて砂糖をまぶしたものは、ドーナツともラスクともちょっと違う歯ごたえがあって大好きでした。でも、カステラの耳は“初耳”ですね。昨年初めて「帰郷」を聴いたときのように、長崎に行ってみたい気持ちが再び……(笑)

そして宇都宮で“耳”というと、作新学院高校出身で、横に大きく開いた耳がトレードマークの?名投手がいましたね。ああ、懐かしの小学生時代(^_^;)
8. Posted by 由紀丸   December 18, 2013 10:43
近所にカステラの耳だけを袋に詰めて売って下さる工場の直売所があるのですが、販売時間と数量に制限があり、しかも行列に並ばないと買えない程の大人気です。

他にもパンも売られていて、カステラの耳と一緒についつい買ってしまいます。

9. Posted by せきぐちゆきです。   December 20, 2013 20:50
なおっさん>
色々な耳がございますねぇ♪想像していたら、食後にも関わらず、グルルルル……(笑)

銀龍さん>
>パンの耳を油で揚げて、砂糖をまぶした物
私も食べましたー♪ジャムやマーガリンを付けて♪

あかべぇさん>
カリッとしてるの、美味しいですよね♪

敦子さん>
ちょっとプリンにも見えるのは秘密です(笑)。

10. Posted by せきぐちゆきです。   December 20, 2013 21:02
あっくんさん>
愛すべき耳♪

博志さん>
「絵はがき坂」のお菓子も美味しかったです♪

国分寺駅6番線さん>
怪物くん!漫画と言えば(?)、大好きな漫画「きょうの猫村さん」にも「揚げ耳パン」が登場するのです〜♪久々に食べたくなっちゃいました♪

由紀丸さん>
ご近所にあるのですね!とは言え……
>販売時間と数量に制限があり、しかも行列に並ばないと買えない
簡単には手に入らなさそうですね(^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories