February 01, 2011

うさぎと亀


こんにちは。

午前11時の、東京へ向かう電車の中から綴っております。

今日はいつもより暖かい気が。

如月。

草木張月。

やはり陽の光に、どこか春の予感♪

冬来たりなば春遠からじ。

今は辛く苦しくても、必ず明るくあたたかな春は訪れる。

心にもきっと。

きっと。


昨日、「うたうた」について書くの忘れちゃった。

気になりますでしょ?(笑)

お届けした曲は、「亀の甲坂」というキーワードを受けて・・・

『亀の甲坂』!

いつも沢山のキーワード、本当にありがとうございます☆

宇都宮市内にある緩やかな坂道。
正式な読みは「かめのこうざか」、
地元の方々からは「かめのこざか」の愛称で親しまれております。

今はスピードの時代でございますが、
時には亀の歩みでゆっくりじっくり進むのもいいですよね。

若い内はまだ走り続けていたいけれど・・・

心失くさずにいたいです。

大切なことを見失わないよう。

さ、2月も楽しんで参りまっしょ〜♪♪

あ、せきぐちへのバレンタイン猪口はもう受け付けておりますよ〜(笑)(笑)(笑)


bukurox at 11:22│Comments(7)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わきんこ   February 01, 2011 11:53
ゆきさんこんにちは。
馬も千里、牛も千里とは、言ったもので、亀も兎も同じだと思います。
やはり人生も、慌てても、のんびりしても、一生の間には、同じではないでしょうか?
2. Posted by りき。   February 01, 2011 12:43
5
狭い日本、急いで行けば早く着くヾ(^▽^*

楽しい時間は短くて辛い時間は長ぁ〜くてたまりません(-o-;)

睡眠時間は人生の3分の1って言われますから一時間でも早く起きれば一年で…かなり楽しめるかも

  ●●。゚
〜(∩・∀・) 〜
 (ミ =∞イ  ゚。
゙じ▼\ノ⌒ヽ
▼△▼△▼); ~ ノ
△▼△▼△ノ⌒´
レ゙ ̄ ̄レ゙
まぁ、酔いざめの水下戸知らずとのことわざみたく呑んだ後のチベタイお水のうまさをわからないようにその場、その場を同じように感じるのは損をしているでしょうネ。

お気楽極楽でいきましょ。
3. Posted by 博志   February 01, 2011 19:10
「時には亀の歩みでゆっくりじっくり進むのもいいですよね」これは間違えないですね!
でもなっか坂道ていいですよね!
ちなみに東京港区には坂道が沢山あります。
4. Posted by ふさ   February 03, 2011 07:18
自転車でよく駆けた道^^
でも名前も模様も知らなかった・・・
歩いてみたくなりました
5. Posted by せきぐちゆきです。   February 03, 2011 08:23
わきんこさん>
走っても歩いても立ち止まっても、それがその時の「自分のペース」なのかもしれませんね☆

りき。さん>
お気楽極楽♪♪酔いどれ怪我せず(笑)♪♪お調子者のせきぐち、気を付けます(笑)。

博志さん>
夏の暑い日に、自転車でシャ―っと駆け降りる坂道の爽快感たらございませんよね♪♪たまには坂道を意識してみましょうかしら☆

ふささん>
実は私も、正式な名前を今回調べて初めて知りました☆もし素敵な場所を見つけたら、是非教えて下さいね♪♪「うたうた」へのご応募も、お待ち致しております♪♪
6. Posted by yukiyama   February 03, 2011 22:49
5 ゆきちゃんこんばんは。
どんなに辛くて苦しくて、哀しくて寂しくても、春は必ずやって来ますね。

夏の星空に、秋の紅葉に、冬の粉雪に、失くした儚い想いや友情は二度と戻っては来ないけれど、春に咲く花達が見事な花を咲かせるように、私の心にも満開の花が咲いてくれたらいいなと思っております。
7. Posted by せきぐちゆきです。   February 04, 2011 10:59
yukiyamaさん>
yukiyamaさんのお心に、きっと美しい花が咲きますように・・・☆大丈夫、きっと春が訪れます(o^-^o)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories