July 26, 2007

私の妖精


先日は京都へ伺いましたが。

京都には、私の愛しい人が居ます。


大切な、大切な親友。

心友。

真友。


私の天使。


彼女を想うだけで、胸が藤色に染まります。

鮮やかさと繊細さを漂わす、秘密の魅力を持った色。
彼女そっくり。


彼女は妖精。

小さな妖精。

きっと、不思議な不思議な力を持っているのよ・・・。


ふふふ・・・


連絡は年に、数回取る程度だけれど。

ここ何年も会っていないけれど。

離れていても会えなくても、マメに連絡など取り合わなくても、
心が繋がっているのをしっかりと感じる。

きっと彼女も、そんな風に私を想ったりする。

これもひとつの、愛のカタチ。

お互いの心に、お互いの愛を感じている。


・・・でもこんなこと書いていると。
やっぱり会いたくなる。
不思議な魔法が欲しくなる。


ああ、私の、愛しい妖精。



5年間もマンガ借りっぱなしで、ごめんよう・・・。


bukurox at 19:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories