December 30, 2006

迷いの森

f35c8349.jpg自宅での作業の合間を縫って、
久しぶりに、
「姿川」へ行って参りました。


金色瞬く十六時。

風が冷たいことも忘れ、
ドラマ気取りで土手にしゃがみこんでみる。

陽の光キラキラ浮かぶ緩やかな流れに、
過ごして来た一年の日々を想いながら。。。

☆☆☆☆☆☆

この一年は執拗なまでに、
自分自身と向き合って来た一年でした。

疎ましい感情の餌食になったり、
歩くべき路がわからなくなったり、
己の弱さをまざまざと知ることとなりました。


迷いの森でこの身の正体すら分からず、
探るべきものも知れずに、
沈思黙考しつづけた日々。

悲しくて、情けなくて。

でも、

沢山の方が、私を支えてくれた。

大切な「想い」や「言葉」を頂きました。

きっと、貴方からも。


ありがとうございます。

叫び続ける強さを、
勇気を、

本当にありがとうございます。

。。。。。。。。

人は必ず、
悩み、悶え、迷い、苦しむ時がある。

でも其の、迷いの森でさ迷うことは、
人間である証。
健全である証拠だと思う。

「迷いの森」には入口も出口もない。

気がつくと、其所にいる。

でもきっと入口がないのは、
森を避けることを防ぐため。

出口がないのは、
自分で出口を作るため。


「孤独と愛」は、
苦悩と愛と信念をくべた、まさに魂の作品です。

悩み続けたからこそ、
此処に叫ぶことが出来ました。

弱さは強さになった。

もう、

歌うしかないでしょう。

叫ぶしかないでしょう。

描いてしまえばいいでしょう!!!


そんなワケで帰り道は、

♪♪あぁ〜〜、
わたぁっしぃの〜
こ〜いはぁ〜〜♪♪

『青い珊瑚礁』を熱唱しながら、
風を切るようにやたら上機嫌で走っておりました(笑)。

自分の曲、歌いなさいよ…(笑)。


(ちなみに。
写真には微妙〜〜に、
男体山も写っております。)


bukurox at 19:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories